HOME > 学会について
学会について

心の健康や感動を科学する庶民派団体

■ご挨拶■

サトルエネルギー学会21世紀への展望
~人間まるごと治療の時代~

サトルエネルギー学会
会長 帯津 良一

世界保健機関WHOの健康の定義は、「健康とは、完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」とし ております。そして近年では、人間がBody身体性、Mind精神性、Spirit霊性からなる存在であることをWHOの新たな健康定義として検討もして おり、現在議長預かりとなっております。このことは、人間の姿にSpirit霊性を加えることが、世界的に認識されつつある大きな潮流といえましょう。

西洋医学では、人間のBody身体性を対象として治療し、20世紀に飛躍的発展した科学技術との連携のもとに、医療の技術的高度化と新薬の開発に支えら れて、高度先進医療と称される治療が大規模に行われてきました。しかし、ガン、エイズ、膠原病、アトピー性皮膚炎など、高度先進医療をもってしても治癒し ない病気(難治)が増加してきており、病気や治療の考え方を変えざるを得ない状況にあります。

21世紀に入り、病気や治療への取組み方に変化が見られ、Body身体性に偏った身体部分の故障を修繕する人間機械論的な治療から、Mind精神性や Spirit霊性のエネルギーを回復するより根源的な治療、つまり「癒し」への期待が表出してきています。「人間まるごと治療」、本質的な人間生命論への 期待が大きなうねりとなってとなって現われてきました。

代替医療、補完医療、統合医療、ホメオパシー医療、ホリスティック医学など、様々な表現で精神性や霊性の生命の本質に迫る医療の研究が世界各地で展開されています。
精神性や霊性に関わる研究は、近代的超高度計測技術をもってしても計測不可能なエネルギー領域であるために、エビデンス(根拠)を求めることは困難であ ります。エビデンスがないためにその治療が無効であるとの姿勢は間違いであります。目に見えず、手に取ることもできない精神性や霊性に対してエビデンスを 求めることは大変困難です。エビデンスがなくても、Mind精神性やSpirit霊性に働きかける方法で有効なものは余りにも多くあり、有効性に疑問を挟 む余地がない程であります。

サトルエネルギー学会が対象としている分野は、エビデンスを求めることが困難な事項が多くあります。誤解されたり、世の中に結果として迷惑をかけるような行為は、厳に慎まなければなりません。
医療面のみならずみず水、農業、食品、住環境など人間社会を取り巻く、その背後に隠されたSubtle(微弱、微細、ほのかな)エネルギーを科学する努力も必要です。見えない意識と見える物質との橋渡しがサトルエネルギー学会の21世紀の使命ではないでしょうか。
こうしたエビデンスを求める努力や、未知現象の情報交換で共通の土俵を認識することによって、サトルエネルギー学会が、正しく理解され、期待され、世の中に貢献できる素晴らしい学会へと発展することを切に願っています。 そして多くの方々と御一緒に人類の新世紀を開いていきたいと思います。

サトルエネルギー学会会則はこちら

サトルエネルギー学会理事・役員

会長 帯津 良一 帯津三敬病院 名誉院長 医学博士 帯津三敬塾クリニック院長
副会長 新家 龍 神戸大学名誉教授
顧問 佐々木 茂美 電気通信大学名誉教授 工学博士
顧問 久保田 昌治 ウォーターデザイン研究会理事長 理学博士
顧問 濱須 光由 (株)新エネルギー研究所 代表取締役会長
顧問 鈴木 俊輔 前事務局長
顧問 阿久津 淳 イオンド大学教授、ウチュウジン研究家、日本サイ科学会理事
顧問 米田 晃 人間科学研究所所長 「21世紀創造塾」主宰
名誉理事 村上 和雄 筑波大学 名誉教授
名誉理事 琴音 亜紀 チャーモロジィ研究家
監事 今野 隆 (有)エルコム 代表取締役
監事 向後 利昭 医学博士 愛聖会 八街こどもクリニック院長
理事 前田 豊 前田技術事務所長
理事・運営委員
事務局長
古川 彰久 有限会社イキイキライフ 株式会社エイエムシイ 代表取締役
理事 河野 貴美子 元日本医科大 国際生命情報科学会(ISLIS)副会長
理事
学術委員長
川口 哲史 日本ハーブ研究所代表取締役 ゼロバランスセラピー分科会主査
理事 朝日 舞 日本ライブセラピー協会代表 意識科学研究会副座長兼事務局長
理事・運営委員 池本 敬子 NPO日本ホーリーバジル協会監事 阿波古事記研究会 温故知新会 
理事
運営委員長
冨岡 幸一 ゼロバランスセラピー分科会事務局
理事 田戸 純子 ワンネスフード/タド・ジュンコ健康料理スクール、食生活分科会主査
運営委員 龍福 正行  

ページトップへ戻る